読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温州大饅頭

買い物したり、美味いものを食べたり、ギターを弾いたり、楽しい場所に行ったり。

週末は台北へ

すっかり夏の陽気に近づいてまいりました。

3月の猛烈な忙しさも一段落し、ちょっと休みがとれそうだったので、

仲良しみんなで週末台北食い倒れツアーに行ってきました。

 

 

以前も当ブログで台湾日記を書きましたが、

僕は台湾に心を奪われてしまったのです!

ちょっとした休みがあればいつだって行きたい、そんな国です。

 

出発前夜 木曜日

 

仕事を早めに切り上げ、まずは一同品川へ向かい、居酒屋で決起会。

いきなり飲み放題、そして仕事の疲れで意外と酒がまわりました。

終電までいかないうちに京急で羽田に向かったのですが、

京急が半端じゃなく混んでおりまして、スーツケース軍団の我々はもみくちゃでした。

 

さて、空港に着いたら野宿しよう!

ということで、今回も翌朝の早朝便なので羽田内のコンビニ前を陣取り、

野宿開始です。

f:id:showshowsuzuki23:20150428180243j:plain

いい感じに疲れていたので、僕は結構しっかり寝れました。

寝れなかった輩もいたようですが、なんだかんだ出発の時間です。

 

羽田から台北松山空港まではおよそ3時間のフライトです。

 

初日 金曜日

 

特にトラブルもなく、すんなり到着です。

時刻は10過ぎ。

4月後半の台北の気候がどんなものかよくわからなかったのですが、

外に出てみると多少蒸してはいるものの、日本とそう変わらない気候です。

 

今回はホテル送迎なしのプランなので、

地下鉄(MRT)で宿泊地の「忠孝新生」までおよそ15分。

実に駅近のホテルです。KDMホテル。

 

チェックインは15時からなので、荷物を預けてまずはビール飲みながら腹ごしらえ!

f:id:showshowsuzuki23:20150428180256j:plain

お腹いっぱいになった我々は、

ホテルにチェックインし、 シャワーを浴び、少し仮眠し、

夜飯へと向かうのでありました。

 

 

この日の夜飯は火鍋!

f:id:showshowsuzuki23:20150428180305j:plain

食べ放題、飲み放題で650元くらい(日本円で3000円いかないくらい)です!

生ビールつぎ放題!

f:id:showshowsuzuki23:20150428180317j:plain

とにかく食べ・飲みまくった我々。

f:id:showshowsuzuki23:20150428180324j:plain

 

 

満足してホテルへ、、ではなくまだ遊び、まだ食べます。

 

一同、タクシーで「寧夏夜市」へ。

f:id:showshowsuzuki23:20150428180336j:plain

夜市に来ると、台湾に来た!という感じがすごいします。

屋台でゲームをやったり、まだ食べたり・・

僕は豚足が丸ごとのっかった丼を食べました(写真撮ったのに消えた!)。

仲間は果敢に山盛り臭豆腐を購入、食べていましたが途中でノックアウト、

お持ち帰りのはめに笑

 

さんざん遊んで、タクシーでホテルへ。

その後は割とすんなりとみんなダウン。

 

2日目 土曜日

 

目が覚めるとまだ真っ暗。

とてつもない便意で目覚める私。

お腹を壊した訳ではなく、ただただ排便感情が押さえきれず目覚めたのです。

ある意味すっきりとした目覚め。

 

その後二度寝し、ホテル近辺を散歩、

サードウェーブ的なカフェを発見したので、

サードウェーブ系男子をいきなり気取りました。

後に判明するのはただのチェーン店だったということです。

 

皆合流し、朝食をとりに隣駅まで歩きまして、

念願の鹹豆漿(シェンドウジャン)を食しました。

なんなんだこの美味さは。

飲み過ぎた翌朝には本当に染みる。。

f:id:showshowsuzuki23:20150428180416j:plain

これが美味さの正体。実に興味深いです。

 

 

お腹も満たされた我々は台北駅まで歩き、美容院でシャンプーしてもらい、

台北駅前広場でビールを飲み、昼飯の時間を迎えました。

 

実は今回の旅でいちばん行きたかったお店に向かいました。

f:id:showshowsuzuki23:20150428180424j:plain

中山国小駅から歩いて5分くらいのところに位置するこちらのは、

僕たちの愛して止まないルーロー飯の美味しいお店ということでリサーチ済でした。

かつ、豚足の上の方の肉(スネ肉?)を煮込んだ、

タイでいうカオカームーに乗ってる肉のような、

あれが僕大好物でございまして、、どちらかというとそっちが目当てで・・

f:id:showshowsuzuki23:20150428180435j:plain

またビールを飲みながらがっつく我々。

もう、美味いのなんの。。

絶対次も来ようと心にきめました。

 

その後は近くの市場で麺線を食べながらビールを。

この日は最高の気候で、ちょっと涼しいくらいだったんですね。

幸せの絶頂です。

 

 

そしてスーパーでちょっとお買い物し、

ホテルに戻ってさあ夕飯です。

2日目に選ばれたのは、、熱炒(ルーチャオ)! いわゆる居酒屋です。

 

タクシーでメッカに向かい、即入店です。

f:id:showshowsuzuki23:20150428180455j:plain

やっぱり店頭で魚を選んで、、

今回も結局何を食べたのかよくわかりませんでしたが、

半分刺身、半分は焼きにしてもらいました。

 

今回の熱炒にはビアガールが常駐していて、

おっさん一行はみんなテンションMAXでした。

f:id:showshowsuzuki23:20150428180507j:plain

さんざん飲んで食べて、満足した我々、帰ろうかという話にはならず、

また夜市へとGO。

前日とは違うところに行こうとしましたが、

タクシーのおっさんが聞き間違えたため、 結局前日と同じ夜市に!笑。

 

まあいいやということで、2日連続同じ場所で豪遊開始です。

前日以上に屋台ゲームに勤しむ我々。

f:id:showshowsuzuki23:20150428180515j:plain

大人げなく景品をもぎ取りまくりました。

そしてシメはやはりルーロー飯。。

f:id:showshowsuzuki23:20150428180524j:plain

もう遊べん、食べられん、帰ろう!・・

とはならず、 マッサージに向かう我々。

散々揉みしだかれ、ようやくホテルに帰り就寝。

 

最終日 日曜日

 

12時にチェックアウトせねばならなかったのですが、 起きたら10時くらい。。

まだまだ遊び足らない僕らはダッシュで朝市に!

f:id:showshowsuzuki23:20150428180535j:plain

夜市からの朝市、そして昼間も市場、とどこまでも市場文化がつながる台湾。

結局楽しい事は市場から生まれてる気がしてなりません。

ここでも鹹豆漿(シェンドウジャン)食べて、チェックアウト時間に。

 

 

ホテルに戻り悲しみのチェックアウトを終え、 一同、MRT東門駅へ。

日本でお世話になった人(ライブハウス)が台北にも出店したということで、

訪れてみました。 詳細は別途こちらに記しております→コチラ

 

ここんちではずいぶんとおしゃれな時間を過ごしてしまったので、

もとのリアルな方に戻りましょうということで、近くの永康街へ。

こちらは台北の原宿と呼ばれているだけあって、

若者や観光客でごったがえしております。

我々はリアルなお店でタンツー麺をかっこみ、そそくさとその場を離れました。

 

空港のチェックインまでそんなに時間もなかったので、

ホテルの近くに戻り、最後のルーロー飯を食べようということになりました。

ちょうどそこにはヒゲのマークのチェーン店があったので、ビール買って入店。

f:id:showshowsuzuki23:20150428180546j:plain

ファイナルルーロー飯をいただきました。

チェーン店だからなーと侮っておりましたが、味は抜群!

満足した我々は空港へと向かいました。

空港についた我々はお土産買ったり、

ビール飲んだりと思い思いの時間を過ごしました。

 

そして、後ろ髪を引かれる思いで松山空港を後にしたのでした。

フライトは約3時間。

羽田に着いたのは22時過ぎくらいでしょうか。

そこからなんだかんだで23時くらいになり、

新宿行きのリムジンバスで帰宅しました。

 

羽田から帰る時はバスがいいですよ。

新宿まで30分弱で1200円くらいです。

 

家についたのが24時前でしたでしょうか。

これにて今回の旅は終了です。

 

ほんとに食べて飲んで歩いて、

という旅だったので、 食べたものの一部をまとめました。

f:id:showshowsuzuki23:20150428180554j:plain

これはごく一部です。。実にお腹いっぱい胸いっぱい。。

 

次はいつ行けるかなー、絶対にまた近いうちに行ってやります。

 

チャオ

広告を非表示にする