読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温州大饅頭

買い物したり、美味いものを食べたり、ギターを弾いたり、楽しい場所に行ったり。

クリスマスはドギーブギーで

クリスマスも過ぎ去り、年末です。

恐らく本日(12/26)が仕事おさめの人も多いでしょう。

2014の振り返りはまた後日書くとして・・

クリスマスのことなんかを書いちゃおうかと思います。

 

 

毎年、どこで何食べようか、なんか買って家で食べようか、

なんていう話をクリスマス直前に決めようとするもんだから、

結構行き当たりばったりになってしまい、

右往左往することが多くなってきておりました。

 

が、しかし2014はスタンダードを見つけてしまいました。

これ経験しちゃうとクリスマスは迷わずに済みます、そう1択です。

しかも家の超近所、雰囲気も最高、騒ぐお客さんもいない、 何より味が絶品。

以前もご紹介した「ドギーブギー(東高円寺)」のX'masコースでございます。

 

こちら、フルコースで注文しても4,200円、しかも2人前。

 

f:id:showshowsuzuki23:20141226162210j:plain

まずはスパークリングワインで乾杯。

 

後ろに見え隠れしておりますが、コースの1品目はこちら。

 

f:id:showshowsuzuki23:20141226162222j:plain

「前菜盛り合わせ」

 

なんでしょう、ものすごい盛り合わさっています。

そして1品1品が実に手が込んでおります。

本当に全て美味しいのですが、

自分的に一番気に入ったのが「フムス」と「なんちゃらのキッシュ」です。

「フムス」はケークサレに添えて頂く形だったのですが、まあ美味しいこと・・

「なんちゃらのキッシュ」の「なんちゃら」は色々入っているということで、、、(名前忘れた) こちらにはですね、オレンジの皮が含まれておりまして、それが抜群のエッセンスに。

前菜から精度の高さに圧倒され、超絶ドラマーを前に、 ただただ佇むことしかできない弱小バンドマンの気分になりました。

 

次のメニューはこちら。

 

f:id:showshowsuzuki23:20141226162231j:plain

「マーサおばさんのx'masオムレツ」

 

どこのおばさんのことかは分かりませんが、

これまた色々な仕掛けがございまして、

中央部にはフレンチトースト的なものが埋め込まれています。

 

まさに外はカリッ、中はジュワッを体現しているオムレツです。

表面にはピンクペッパーが散らされており、噛むと口の中にフレーバーが。

素敵なオムレツです。

 

とっくにスパークリングワインを飲み終えていましたので、 生ビールを注文。

f:id:showshowsuzuki23:20141226162241j:plain

こちらの生ビールはハイネケンです。

 

そして次。

 

f:id:showshowsuzuki23:20141226162248j:plain

「ロースト野菜のテリーヌとほたてのムースサラダ」

 

なんと美しい見た目でしょうか。

こちらのお店は通常メニューでも見た目から楽しむことができます。

ほたてのムースはクリスマスツリーの形状をしております。

そして、ロースト野菜のテリーヌは野菜の鮮やかさが最も際立ち、 食べるのももったいないくらいです。

尊敬する彦摩呂さんだったら確実に「宝石箱」を連呼していると思うんです。

味はいわずもがな、お上品な一品です。

 

そしてメインにしてラストの一品。

 

f:id:showshowsuzuki23:20141226162255j:plain

「エゾ鹿のソテー赤ワインバルサミコソース フォカッチャ添え」

 

やばくないすか、鹿ですよ、初めて食べますよ。

クリスマスだからですかねぇ、実は前菜にも鹿のベーコンが入っていたり、鹿づくしです。

なかなかお目にかかれない鹿づくし。

獣臭いんじゃないのかい?と最初は少し疑ってかかったのですが、

お口に入れてみて、初めて味わう鹿はなんの臭みもなく、スーパージューシー。

バルサミコソースに粒マスタードを絡ませて頂くと・・うますぎる・・

 

f:id:showshowsuzuki23:20141226162303j:plain

これ、やばいですわ。

なんとなく皆様がジビエを欲する気持ちがわかりました。

そして添えられているフォカッチャもめちゃくちゃ美味しいんですよ。

ローズマリーとオリーブが超絶ハーモニーを産んでます。。

 

以上でコースは終了となります。

僕ら夫婦は近年まれにみる満足度を憶え、ウハウハでした。

こちらはお酒もものすごい種類がありますので、 余韻を楽しむべく、珍しいものをチョイス、残りの時間を過ごしました。

 

f:id:showshowsuzuki23:20141226162311j:plain

 

普段からひいきにしているお店が、スペシャルな日によりスペシャルに変身。

もしどこかに引っ越しても、クリスマスはわざわざここに来ちゃうような、 それくらいいい時間をすごせましたよ。

 

今年は12/22〜25までの限定メニューということだったのですが、 来年も恐らくこの時期なんじゃないでしょうか。

 

また来年のクリスマスを楽しみに、こちらに足繁く通おうと思います。

 

チャオ