読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温州大饅頭

買い物したり、美味いものを食べたり、ギターを弾いたり、楽しい場所に行ったり。

かるかや(池袋西武屋上)

どうしてもたまに食べたくなるうどんがあるんです。

なんてことはない、普通のうどんなのですが、

それでもなぜか無性に食べたくなるんです。

台湾旅行出発当日、昼間に時間があったので久しぶりに行ってみました。

 

 

f:id:showshowsuzuki23:20140929112421j:plain

かるかや(池袋西武屋上)

 

9月初頭、まだまだ残暑厳しい中、

池袋西武の屋上には長蛇の列ができております。

ちょうど食事時という時間帯もあったと思いますが、

これはやはり単なるデパートの屋上にあるうどん屋ではありませんね。

 

 

事実、昭和43年からずっと営業しているようでして、

変わりゆく池袋の街並を屋上から見下ろしつつも、

ここでは変わらない味を提供し続けているという佇まいが、

長蛇の列を切らさない理由なのでしょう。

 

さて、僕も列に並び、何にしようかなと考えておりましたが、

さすが名店、客さばきもなかなかのものでして、

すぐに自分が注文する番がまわってきました。

 

とかいいつつあんまり考えてなかったので、なんとなくこちらをオーダー。

f:id:showshowsuzuki23:20140929112429j:plain

「スタミナうどん(冷やし)」

 

スタンダードです。究極の普通ですよ。

そんなにべらぼうにウマい、ということでもないんです。

でも、やっぱりウマい、そしてなんでしょう屋上というロケーションでしょうか、

ここでの体験がなんかいいんですよ、抜群のUX。

 

f:id:showshowsuzuki23:20140929112437j:plain

 

ぺろっと食べ終え、屋上でのんびりするわけです。

サラリーマンたちの昼休みの風景を垣間みることができたり、

僕と同じくつかの間の休暇を楽しんでいる風の人もいたり、

家族連れがいたり、、ここでハッと気付くのが、

これって昭和の風景・・??

 

デパートの屋上での体験、

これはまさに子供の頃の記憶そのものなのではないでしょうか。

 

f:id:showshowsuzuki23:20140929112446j:plain

 

うどんがよみがえらせる過去の記憶。

僕たちが通ってしまう理由はそこにあるのかもしれません。

 

もちろんうどんも美味しいよ。

 

チャオ