読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温州大饅頭

買い物したり、美味いものを食べたり、ギターを弾いたり、楽しい場所に行ったり。

旅・台湾 最終日 ~さよなら台湾~

早いもので、最終日の朝を迎えてしまいました。

最後の最後まで悪あがきして食べ続ける我々の記録も、 これが最後。

最終日、お楽しみください。

 

 

やっぱり台湾の朝はこれに限る

 

帰国の日。やっぱり寂しいですね。

旅行ってのは帰らなきゃいけないから辛いですよね。

その日は必ずやってくるわけで。。

 

でも最終日もしっかり食べましょう、ということで朝ご飯、

前日気に入った鹹豆漿を宿の近くでいただきました。

f:id:showshowsuzuki23:20140918121410j:plain

「チーズ in 蛋餅」

f:id:showshowsuzuki23:20140918121417j:plain

「鹹豆漿」

鹹豆漿これほんと美味しいですわ〜

こんなに美味しいものが25元(100円しない)で食べられんですよ。

僕はこれを朝食べるためだけに数万円のチケットを買ってもいい、とさえ思います。

 

再び昼食はハシゴしよう

 

最終日なので残ったお金をどう使おうか、ということで、

買い残したお土産なんかを見つつ、なんだかんだしていると、早くも昼食の時間に。

僕が行こうと目星を付けていたお店に向かいました。

 

f:id:showshowsuzuki23:20140918121423j:plain

看板が見えてまいりました。

f:id:showshowsuzuki23:20140918121429j:plain

「饂飩先生(ミスターワンタン)」

名前がキャッチーで気に入ったのと、味も確かだということで、

楽しみにしておりました。

 

f:id:showshowsuzuki23:20140918121435j:plain

「鮮肉抄手麺」

ここに来たらこれを!みたいなことが書かれていたし、

どうみても美味そうだったので、迷わず僕はこちらを注文。

ワンタンぶりぶり、四川風の辛みがふわっと広がり、

すこし甘めのタレとベストマッチング。美味い。

 

 

f:id:showshowsuzuki23:20140918121442j:plain

「沙茶拌麺」

こちらもシンプルながらウマし。。

 

まだまだ未開拓の麺がたくさんあるというのが、

嬉しい限りでして、 今回もまた数種類の麺しか食べれませんでした。

麺縛りで旅してみるのもいいかもしれません。

 

まだまだ行きます。

残り時間もわずか、残りの金額もわずか、というところで、

やっぱり最後はこれだよね、と思い入店。

 

f:id:showshowsuzuki23:20140918121448j:plain

それっぽい厨房がリアルを演出します。

f:id:showshowsuzuki23:20140918121456j:plain

f:id:showshowsuzuki23:20140918121502j:plain

最後はコレ!と意気込んで、というかあんまり考えずに注文したこちら。。

 

 

f:id:showshowsuzuki23:20140918121508j:plain

「豚足」

めっちゃ豚足。

ちょっと豚のスネ肉(ホロホロのやつ)とかと思い違ってしまい、

頼んだあと妻から指摘。 なんで豚足食べるん?と。

味は美味しかったですが、手がべとべとに。。

 

f:id:showshowsuzuki23:20140918121514j:plain

「魯肉飯」

まあ最後は魯肉飯で締めたかったわけですね。

こちらのはちょっと甘め。 これにて街での食事は終了いたしました。

 

店を出ると、日本語のわかるご年配たちに話しかけられ、ちょっとトークを。

 

「君ら、豚足なんて食べてたけど、普通東京の人は豚足食べないでしょう。」

と、的確なご意見。

 

「そうっすね、あんまり食べないっすね笑」

と答えておきました。

 

悲しみのチェックアウト

 

いよいよチェックアウトのお時間です。

宿付近の立地にもようやく慣れてきたかな〜というタイミングで、

いつも帰ることになってしまうんですよね。

という感傷に浸りつつも、

激安ツアーの代名詞、 免税店お土産タイム45分間を耐え忍び、

いざ松山空港へと。

松山空港は本当に都心から近いですね。 こりゃ桃園空港とは大違いですわ。

 

松山空港にて最後の晩餐

 

チェックインを無事済ませ、

残りのお金を使い切ろうと我々が選んだものはこちら。

f:id:showshowsuzuki23:20140918121521j:plain

f:id:showshowsuzuki23:20140918121530j:plain

f:id:showshowsuzuki23:20140918121537j:plain

やっぱり最後もビール!

こちらのつまみもコスパよし、味よし、で満足しちゃいました。

 

f:id:showshowsuzuki23:20140918121557j:plain

妻も満足気でございます。

最後の晩餐を済ませ、しばしダラダラしていると搭乗時間が近づいてまいりました。

 

さよなら台湾

 

f:id:showshowsuzuki23:20140918121605j:plain

松山空港のロゴ、なかなかイケてますね。

あっという間の3泊4日でした。

思う様にいかなかったり、時間を無駄にしてしまったり、

諸々ありましたが、 すごくプレシャスな時間を過ごしたと思ってます。

なんで台湾に何度も行きたくなるのか、明確な答えはありませんが、

僕にとって「愛おしい」国であることは間違いありません。

だって、色々変なところがたくさんあるんだもん。

そこに惹かれているんでしょうね。

 

今度はもっとショートステイ、1泊、もしくは日帰りなんかで、

わーっと行ってわーっと帰ってくるのもいいかな、

なんて思っています。

 

f:id:showshowsuzuki23:20140918121614j:plain

また行き台湾。

 

※帰りの飛行機はちょうど席の切れ目の最前列に当たったので、すごく快適だった!

 

旅・台湾シリーズ -完-