読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温州大饅頭

買い物したり、美味いものを食べたり、ギターを弾いたり、楽しい場所に行ったり。

香港麺 新記(四谷三丁目)

お盆に突入しております。

こうも暑いと、やはり暑い国の食べ物がどうしても食べたくなります。

さらに限定すると、暑い国の麺が食べたくなってくるものです。

さらに絞り込むと、汁なしの麺であれば言う事がないです。

 

 

ということで会社の近くでそんな都合のいい店ないかな、と、

検索してみたら、香港の汁なし麺が食べられるお店がありました。

 

香港は行ったことありませんが、暑いはずです。

f:id:showshowsuzuki23:20140813162258j:plain

香港麺 新記(四谷三丁目)

 

香港に特化したお店というのは初めてなので、

ワクワクしながら入店しました。

ランチの時間帯でしたので、ランチメニューを見ると、

おすすめは汁あり or なしの雲呑麺に小丼のセットのようです。

麺は日本麺と香港麺のどちらかを選べる仕組みになっています。

迷わず香港麺をチョイス。

 

注文してわずか数分、運ばれてきたのがこちらです。

f:id:showshowsuzuki23:20140813162306j:plain

「雲吞魚蛋撈麺(ワンタンつみれつゆなし麺)とチャーシュー丼のセット」

 

むむ、これはかなりローカルな感じですよ。

香港行ったことありませんが、街の食堂で出されるのってこんな感じなはず!

香港麺というのはすごく細くて、

博多豚骨ラーメンのバリ硬に近いものがあります。

f:id:showshowsuzuki23:20140813162314j:plain

 

そしてそして、つけあわせのチャーシュー丼。

こちらのチャーシュー、実にアジアを感じさせる色艶でございます。

f:id:showshowsuzuki23:20140813162322j:plain

 

お味の方は、、言うまでもなく、ものすごく美味いです。

 

全然気取った味じゃなくて、アジアの街角で食べられる味。

雲呑はエビがゴロッと入っていてプリプリ、

つみれと厚揚げも汁とベストマッチング。

チャーシューも特筆すべきことはないにしろ、

そこがアジアの街を彷彿とさせる感じ。。

 

これですよ、僕が求めていたのはこの感じなんですよ!

 

会社の近くにこんないい店があり、

それに今まで足を運ばなかった自分を恥じています。

 

メニューも豊富、かつどれもローカルな感じなので、

これから足繁く通う事になるでしょう。

 

香港あっぱれ。