読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温州大饅頭

買い物したり、美味いものを食べたり、ギターを弾いたり、楽しい場所に行ったり。

京 嵯峨野 竹路庵(渋谷ヒカリエ)

最近のマイブーム「和菓子」はなかなかおさまりそうにありません。

ファミリーマートでも洋菓子を買う確率よりも「三色だんご」を買う確率が高くなっている僕です。

当然、デパ地下では洋菓子に目もくれず、和菓子コーナー一直線です。

 

たまたま渋谷ヒカリエを通ることになったので、そういえばまだしっかりと中を見た事なかったな、

と思いつつも僕の興味の先は和菓子コーナー。

 

予想通り様々なお店が、様々な菓子をこれでもかと言わんばかりに、僕に見せつけてきます。

目移りが半端じゃなかったのですが、ひときわ僕の心をキャッチするやつが現れたのです。

 

ぷるぷるなやつ、そう、わらび餅です。

僕は幼少期のエンドレスきな粉棒のトラウマであんまりきな粉が好きではないのですが、

なんとなくウマそうに見えたんですね。

 

お店のおじさんが試食用のわらび餅にきな粉をまぶしているその様相で、間違いないと思い、

購入にいたりました。

 

バンっ!こちらです。

f:id:showshowsuzuki23:20140315221318j:plain

京都に本店を構える、名店「京 嵯峨野 竹路庵」の生わらび餅(黒糖)です。

早速開封してみましょう。

f:id:showshowsuzuki23:20140315221729j:plain

ひとつひとつがすごいでかいです。きな粉もたっぷりまぶしてあって、

ここで鼻息を荒くするときな粉をまき散らしてしまいますので、慎重な息づかいが必要です。

 

では持ち上げてみましょう。

f:id:showshowsuzuki23:20140315222040j:plain

今回は黒糖味をチョイスしたので、黒っぽいのがお分かりでしょうか。

僕は黒糖も全然好きではなかったのですが、人の好みというのは時と主に変化していくものなんですね、

今は黒糖に夢中です。

 

お味は、、、、ベリーグッド!

もちろんぷるぷるの食感と黒糖の風味、そしてトータル的にさっぱりした爽快感。

実にお茶に合う一品なのですが、今回はコーラとともにいただきました。

 

やはり日本人なので、和食からの和菓子でシメるというのが民族的にもフィットしますね。

 

しばらくヒカリエ、楽しめそうです。