読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温州大饅頭

買い物したり、美味いものを食べたり、ギターを弾いたり、楽しい場所に行ったり。

鈴懸 すずかけ(新宿伊勢丹)

僕はしょっぱいものも好きですが、甘いものも大好きです。

これまで、そんなに愛着を感じていなかった「和菓子」というジャンルに、

なぜか今になってすごく惹かれはじめています。

 

和菓子のことはほとんど何もわかりませんが、

なんでしょう、洋菓子と違って食べた後に清らかな感じが残りますな。

 

ということで、よさげな和菓子、伊勢丹いけばあるんじゃないの?

という安易な考えで、伊勢丹に向かいました。

 

ご存知の通り、伊勢丹はセレブデパートなので、

ウマそうな食べものがわんさかありますが、どれも大体高価です。

幸せな気分になると同時に、敗北感も味わえ、社会の縮図を体感することができるといえるでしょう。

 

それはさておき、

ちょっと列ができているお店があったので、名店に違いないと判断し、

僕らも列に加わりました。

 

ここは鈴懸(すずかけ)というお店で、博多に本拠地を構える創業90年の老舗のようです。

たぶん、チョイスは成功したんじゃないかなと思います。

 

10分くらい並んでお持ち帰りしたのはこちら。

f:id:showshowsuzuki23:20140311104113j:plain

すっきりとした無駄のないデザインです。開けてみましょう。

 

f:id:showshowsuzuki23:20140311104130j:plain

「きんつば & 蓬乃餡餅(ヨモギ)」

 

今回はこの2品をチョイスしました。

なんとなく苺大福が人気商品っぽかったのですが、ヨモギにしてみました。

 

皿に盛りつけてみましょう。

f:id:showshowsuzuki23:20140311104144j:plain

実にすっきりまとまりますね。

きっと和菓子に惹かれる理由はそのフォルムの美しさや、無駄のないデザインなのでしょう。

 

肝心のお味は、、といいますと、

ベリーグッド。洗練された甘さが、僕たちに安らぎを与えてくれます。

 

和菓子のBGMは意外とスタンダードなJAZZをおすすめします。

 

う〜ん、これからは和菓子を求めて旅に出る、なんてのもすごく素敵だな〜と感じた、

休日の午後でした。